インスタント麺×ジャンク菓子で頭痛!?

あまり食べないインスタント食品を食べて

もんのすごーく久しぶりにインスタント麺を食べました。
無添加のインスタント麺は年に数回食べます。
(オーサワさんの納豆そば、美味しくて納豆の香りがしっかりしていて、片手で収まる回数ですが、食べます)

今回食べましたのは、いわゆるふつうのインスタント麺です。
魔が差して(?)食べてみよっかな?と思い、あえて原材料名は見ないで購入いたしました。
(見たらきっとたぶん食べない…)


インスタント×ジャンク≒頭痛!?

お味はというと、美味しかったです。
付属のスープの量を1/4くらい少なくして、お湯を多めに注いで食べたら、ちょうどよかったです。
(本来の粉末スープとお湯だったらどれほど濃い味付けなのでしょう!)

それにしてもインスタント麵って優秀ですね。こんなに簡単につくれるのですから!

これで終われば特に問題がなかったのです。
しかし、この日はなぜかジャンクなお菓子を食べる機会にも遭遇。

ふだんあまり食べなれていないモノをダブルで食べた結果、胃はもったりし、翌朝は頭痛が!(OMG!)
養腸®家は添加物は一切口にしておりません!のような聖人君子な生活はしていません。
想像の域を出ませんが、どちらにも添加物が多かったからかもしれません(あくまでも想像です)

インスタント食品たち、入れないより出す!

インスタント食品やジャンクフードを完全否定するつもりはございません。
これらによって、食事の準備が楽になった方だっていらっしゃいます。時間がない時ほど、ありがたく感じましょう。
ストレスがつよいときのジャンクフードは魅力的(背徳的)ですし。

ただ、これらの存在はチリツモ(塵も積もれば山となる)で、ちょっとだけだったらさしたる問題がなくとも、それらが蓄積されると大問題になる可能性を感じましたわ。

いかに入れないかにも氣をつけた方がいいですが、そうはゆーても日常的に入ってきます。
全てを排除して生きることも可能でしょうが、相当エネルギーとつよい氣持ちが要ります。

であれば、入ってきたものをいかに出せる(解毒できる)身体になるかに注力した方がいいのではないでしょうか。
つまりは

 腸もみです。

肝臓さんにもがんばってもらう必要がありますが、肝臓さんのがんばりを、負担を減らすためにも
腸もみで不要なものをどんどん流して、不要なものを入れないようにしたり、溜めずに出したりをする方が建設的です。

腸もみ・腸活コラムに関連する記事

「腸のお作法」はじめます

「腸のお作法」はじめますの画像

「腸のお作法」はじめます

養腸®家考案の講座「腸のお作法」養腸®家として、「腸にいい立ち方や歩き方、座り方をお伝えする講座をこしらえよう!」そう決意したのは、昨年の秋ごろのことです。

数ヶ月間、改めて動き...

“繊細さん”(HSP)の腸と腸もみ。

“繊細さん”(HSP)の腸と腸もみ。の画像

“繊細さん”(HSP)の腸と腸もみ。

繊細さんの腸は、繊細。毎月来てくださるお客さま。
いつものように腸もみを始めたら、いつもと比べ物にならないほど

 お腹が、かた~っ!(≒硬い)

なぜ?どうして?
お話を伺いますと、メン...

腸活は観察から。

腸活は観察から。の画像

腸活は観察から。

腸と身体の感覚を感じとるコツ腸(や身体)をなんとかしたい(しよう!)と思ったら、じぶんの腸や身体を
よーく観察することからはじめるといいかもしれません。

おすすめの方法は

 呼吸

じぶ...