腸もみは愛でほぐれます。

腸もみは手と愛でほぐれる!?

腸もみ(養腸®セラピー)をしていて
ごっつう硬い腸さんにお目にかかると
 「えらい難儀でしたなぁ」
と思います。
同情はしません。
同情って下手すると上から目線になりかねないので。
同時に、硬くてしんどそうな腸に触れていると
保護ネコさんや保護イヌさんと接するときのような
心持ちにもなります。


保護ネコさんたちって、何らかの事情で飼育放棄されて保護されたコたち。
人間不信になっていたり、怯えているケースがございます。
硬い腸もそんなところがあって。
ハートオープン&全開!で
「こーぉんにちはぁー!!」って
芸人の錦鯉さんのようなテンションで関わろうものなら
ビビッて一向に心を開いてくれない(≒ほぐれにくい)印象が。
腸が疲弊しまくっているのですもの。
元氣いっぱいモードで関わるのは
病人にトンカツと大盛のごはんを
「元氣になってね!」と無理やり
食べさせるような愚行です。










くたびれきった腸、硬い腸、弱まっている腸、人間不信(?)氣味の腸に必要なのは、
ほどよい距離感と信頼関係を築くこと。
人間はこわくないよー、やさしい生き物だよー、また信頼しておくれねー、なんて氣持ちを携え
少しずつ慣れてもらうために、なるべく極力やさしく丁寧に接します。
根底に流れるのは相手(腸)を想い遣る 愛 やもしれませぬ。
無理やりほぐそうとすれば、腸の緊張はさらに増してもっと硬くなりがちです。

腸もみは技術が必要です。
おなじくらい、またはそれ以上に見守るような 愛 も必要。
凍った世界(腸)は、愛で溶けます(ほぐれます)から💖

腸もみは愛でほぐれます。に関連する記事

腸のお作法(ご感想その2)

腸のお作法(ご感想その2)の画像

腸のお作法(ご感想その2)

アクティブに動いている方のご感想「腸のお作法」は隔週×6回行なうパーソナルの対面講座。
今回6回コースを終わられた方のうち、筋トレなどアクティブに動いている方のご感想を紹介いたします。 ...

腸のお作法(ご感想その1)

腸のお作法(ご感想その1)の画像

腸のお作法(ご感想その1)

ぶっちゃけどうでしたか?「腸のお作法」は隔週×6回行なうパーソナルの対面講座です。
今回6回コースを終わられた方のご感想を紹介いたします。 左ビフォー、右アフター1)この...

排泄サポートチームの回診を見学しました

排泄サポートチームの回診を見学しましたの画像

排泄サポートチームの回診を見学しました

入院患者さまの排便をサポートするチームこの度、ご縁をいただくことがあり、千葉県松戸市の東葛クリニック病院の排泄サポートチームさまの回診の見学をさせてもらいました。

入院患者さまの...